雨漏り修理職人救援隊 コンプリアール

施工エリア
全国対応可能

0120-825-706
受付時間 / 9:00~17:00 土日祝も受付しています

全国の瓦葺き職人・鈑金職人の皆様へ台風・地震による雨漏り修理・屋根修理でお困りの個人様や工務店様を助けるお仕事に興味はないでしょうか?

職人が複数人いる工事店も大歓迎 1人親方の職人も大歓迎 災害復興で困っている人を助ける仕事

高い報酬をお約束できます 万が一の事故も保険完備で安心

こんな不安お困りごと
ないですか?

  • いつ仕事が減るか不安...
  • 安い仕事ばかりしている...
  • 自分で仕事を受注できない...
  • 新しい技術と知識を学ぶ機会がない...
  • 仕事にやりがいを感じない...

など

もし、あるなら
当団体への参加をご検討
ください。

はじめまして
私たちは、台風・地震による
雨漏り修理・屋根修理
お困りの方を救援する
全国の瓦葺職人・鈑金職人
300人以上
が集まった
熟練の屋根職人集団
コンプリアール
と申します。

私はこの団体の代表を務める竹内 康弘(たけうち やすひろ)と申します。
私自身も岡山にある株式会社竹内瓦で代表を務める屋根職人です。

この屋根職人集団コンプリアールは、台風や地震等で建物に被害を受けた地域の『地元業者さんでは修理しきれない困っている個人様や工務店様』を支援しようと全国の職人たちが集まって結成されました。

現在は、災害地に駆けつけて、工務店様が処理しきれない雨漏り修理や屋根修理のお手伝いをしています。

もし、困っている人の助けになり、高い報酬が得られることに興味がありましたら、最後まで私の話を聞いてください。

これまでの災害救援活動実績
ご覧ください!

千葉県の台風15号による屋根被害の現地調査
期間
2020年12月10日~12日
施工地域
千葉県
職人

千葉県の台風15号による屋根被害の復興調査と災害に強い屋根工法の検討会

2020年12月10日~12日の三日間で私たちコンプリアールのメンバーは2019年の台風15号により甚大な被害のでた千葉県へ復興の進捗調査に行きました。 2019年9月、観測史上最強クラスともいわれる台風15号が千葉県南部を中心に襲いました。 猛烈な暴風は住宅の屋根材を吹き飛ばし、飛ばされた屋根材などが、他の住宅に被害を与える結果に。千葉県内の家屋被害は、全壊や半壊一部損壊をあわせると約6万棟に及んでいます。 千葉県南部では最大瞬間風速48.8メートルを記録。走行中のトラックが横転するほどの強風が鋸南町、館山市、南房総市などの沿岸部に被害をもたらしました。 コンプリアールでは台風による屋根被害や、その後の復興の進捗や被災された方々の実体験など、現地でアンケートにご協力いただき今後の復興事業や防災に役立てたいと思っています。

台風15号が過ぎて約一か月後の街の様子

2019年台風15号による屋根被害の状況   こちらの写真は台風15号の過ぎたあと約一か月後の館山市のようすをドローンで撮った写真です。 屋根の上にブルーシートで養生しているのがわかります。 棟や屋根の一部だけでなく、屋根全面をブルーシートで覆われているところもありました。

台風15号の被害から1年3か月後の様子

台風の復興状況 こちらが台風の被災から1年3か月後の同じ地域を撮ったドローン写真です。 ブルーシートのかかった屋根はほとんどなく、まだシートのかかっている屋根は空き家だそうです。 地域の方々から貴重な実体験をヒアリングして屋根復旧工事の問題点や課題がみえてきました。 これを基に被災屋根の早期復旧工事への対策を考えます。

地震や台風に強い屋根で防災

屋根工事の会議 今回の千葉調査のもう一つの目的である、地震や台風に強い屋根工事をメンバーで話し合いました。新型コロナの感染防止のためマスクで議論します。 我々、コンプリアールの施工法は(一社)全日本瓦工事業連盟の推奨する瓦屋根標準設計・施工「ガイドライン工法」を主軸に、プラスαより強く、より耐久性の高い工法を目指しています。 屋根瓦の施工法は日本全国、各地域の特色があり多種多様です。 豊富な施工実績と経験のある各地域のコンプリアールメンバーが話し合い最善の屋根工事を目指します。 わたしたちコンプリアールは屋根工事をとおして多くのお客様の安全と幸せ、笑顔を守ることを信念によりいっそうの研鑽を積んでまいります。          

2019年の台風15号被害の千葉県に駆けつけました!
期間
2019年10月~2020年1月
施工地域
千葉県
職人
  • 屋根職人10人

台風15号は2019年9月9日に千葉市付近に上陸し、関東各地で記録的な暴風となりました。
この暴風で千葉県市原市のゴルフ練習場の鉄柱が倒壊して近隣の民家に倒れたニュースが話題にもなりました。

2019年9月 千葉に上陸した台風15号で千葉県内で大きな被害がありました。 この台風で千葉県市原市のゴルフ練習場の鉄柱が倒壊して近隣の民家に倒れたニュースが話題にもなりました。 その時に請け負っていた仕事を竣工させて、千葉に駆けつけたのが台風15号上陸から1ヶ月経っていました。 それでも養生シート(ブルーシート)のままで困っている方がたくさんいらっしゃいました。 どうしても仕事の都合上、2~3ヶ月間だけしか千葉県に滞在できませんでしたが、それでも全国から10名の屋根職人が救援に駆けつけて、一向に修理が始まらないでお困りの30件の建物の屋根修理・雨漏り修理を施工できました。 もっと全国の屋根職人が集まれば、もっと多くの方を助けることができると改めて思いました。

2018年9月の台風21号被害の大阪府に駆けつけました
期間
2018年10月~2019年9月
施工地域
大阪府
職人
  • 屋根職人10人

2018年 大阪に2つの自然災害がありました。

  • 2018年6月に大阪府北部地震
  • 2018年9月に台風21号

この2つの自然災害後、大阪では深刻な屋根職人不足になり、屋根修理・雨漏り修理がされていない建物が半年から1年間も放置される事態に陥りました。

私たちが、その時に請け負ていた仕事は終わらせて、大阪に駆けつけたのは2018年9月の台風21号被害後の1ヶ月後です。 被害エリアでは、応急処置で養生シート(ブルーシート)がかけられた屋根の家が多く点在していましたが、個人様からは「一向に修理に来てくれない・・・」「見積もりにも来てくれない・・・」という状況でした。 工務店様からは「職人が足らない・・・」などの困った状況でした。 だから、私は全国の屋根職人に声をかけました。 その結果、約10人くらいの屋根職人が集まりました。 それでも、養生シート(ブルーシート)のままで困っている方の数は減らず、結局1年間も大阪で屋根修理・雨漏り修理に取り組み、約100件ほど施工することになりました。 職人がもっと居れば、もっと多くの人を助けられたと思いますが、それでも100件の建物を直せて喜んでもらえたことが嬉しかったです。

2016年の熊本地震に屋根職人20人で駆けつけました!
期間
2016年5月〜2017年5月
施工地域
熊本県
職人
  • 屋根職人=20人

全国の瓦葺き職人・鈑金職人が時間を作り熊本県に屋根修理に向かいました!

2016年4月に熊本県で震度7の地震が2回も発生しましたとテレビのニュースで知りました。 あまりにも多い地震による屋根の被害状況で職人さんの人数が足らずに、養生シート(ブルーシート)がかけられたままの屋根が修理されず、そのままの状態でした。 そんな状況を聞き、その時あった仕事を急いで終わらせ熊本に駆けつけました。 それでも熊本地震から1ヶ月経っていました。 1ヶ月後でも、個人様からは「一向に修理に来てくれない・・・」「見積もりにも来てくれない・・・」 という声を現地で聞きました。 工務店様からは「職人が足らない・・・」「早く修理したい・・・」「OB様からの信用をなくしてしまう・・・」 などの悲痛な声を聞きました。 さらに、6月7月には梅雨の時期が来てしまう。 そんな状況でした。 だから、私は全国の屋根職人に声をかけました。 その結果、約20人くらいの屋根職人が集まりました。 それでも、養生シート(ブルーシート)のままで困っている方の数は減らず、結局1年間も熊本で屋根修理・雨漏り修理に取り組み、約200件ほど施工することになりました。 本当はもっと多くの人の役に立ちたかったですが、200件の方が喜んでもらえたことが嬉しかったです。

活動実績一覧はこちら

実際に災害救援活動でお困りの方を
助けたいと気持ちで
参加された屋根職人の声を
お聞きください!

職人の声一覧はこちら

もし、少しでもご興味がありましたら、
最後まで話を聞いてください!

台風地震大きな被害にあった地域
状況をご存じでしょうか?

その地域の工務店の建築現場で
起こる状況といて

  • 屋根職人が足りない
  • OB様からは対応が遅いと言われ信用を失う
  • 早く竣工していきたいが、見通しがない
  • 材料が不足する

など不安で一杯になります。
また、個人様の住宅では

  • 応急処置だけでも来てくれない…
  • 工事が6ヶ月先と言われた…
  • 泣く泣く依頼した会社がいい加減だった
  • 高額工事費後から請求された

こんな方から、当団体は
喜びの声いただいています!

工務店様からの喜びの声

  • 熊本の工務店ありえの家イメージ

    熊本の工務店ありえの家

    ありえの家 / 有江 竜児

    コンプリアールの竹内社長とは、熊本地震の時からの付き合いです。 その当時、瓦職人の不足で、熊本の屋根はブルーシートをかけることも精一杯の状況でした。 そんな時に、竹内社長からの営業電話が鳴りま……

個人様からの喜びの声

こんなにも喜んでもらえて、
高い報酬が得られる仕事です。

この団体へ
参加した場合の

12のメリットを紹介します!

  • 全国各地の職人さんとの交流できて、多くの気付きが得られる

  • 災害復興に携われて、困っている人を助けられる仕事ができる

  • 安定した仕事を受注できる

  • 材料を自分で段取りしなくていい

  • 工事代金の回収が確実

  • 高い報酬が得られる

  • 報酬工事完了後2週間以内で受け取れる

  • 事故は保険で保証、職人さんの保険料負担がない

  • 和型瓦などの経験と技術が学べる

  • 現地への交通費は当団体が負担します(条件あり)

  • 統一された施工方法のガイドライン工法を知れます

  • あなたの地元での集客を代行してもらえる

よくある質問

「すごく興味がある!」と実際に興味を持たれた
職人さんから
これまで、いろんなご質問がありました。
下記が、その質問事例です。

他府県へ駆けつりる可否はその都度 自分で選択できるのでしょうか?
はい。その都度、選択できますので、ご安心ください。
参加した場合、どういう立ち位置になるのでしょうか?
期間にもよりますが、合同会社コンプリアールからのお仕事の発注という形式で現地で作業していただきます。
交通費や宿泊代、食事代など、どこまで負担してもらえるのでしょうか?
交通費と宿泊代は合同会社コンプリアールが負担いたします。その他、飲食代やガソリン代はご負担ください。
報酬の支払い条件・サイクルを教えてください。
報酬は工事完了後の2週間以内で振込いたします。

などなどご質問をいただいてきました。
もちろん、初めての話だと思いますので

まずはお問い合わせください!

お問い合わせいただいた方から

  • しっかりした職人で構成された団体だと分かった
  • 今後の関係性のイメージができた
  • 気になった疑問が解決できた

など、安心していただいております。

瓦職人・鈑金職人の皆様は、
お気軽にご質問・ご相談ください。

メールやパソコンが苦手な方は、ご相談だけのお電話だけでも大歓迎!
もちろん匿名での電話もOKです。

0120-825-706

受付時間
午前9時~午後5時土日祝も元気に対応中!

瓦葺職人・板金職人さんを
全国から募集します

QRコード

しつこい売り込み営業もいたしません!
安心してLINEで相談してください。
24時間受付!お返事は営業時間になります。

まずは友達追加お気軽に相談する!

ご相談・ご質問フォーム

    お問い合わせ内容

    必須

    ご質問・ご相談その他のお問い合わせ

    お電話番号

    必須

    会社名

    必須

    お名前

    必須

    メールアドレス

    必須

    ご質問・ご相談など
    何でもご記入ください

    私たち、雨漏り修理職人救援隊は、
    熟練の屋根職人集団コンプリアールが
    運営しています!

    私たちコンプリアールは、台風・地震による雨漏り修理・屋根修理で
    お困りの工務店様を救援する全国の瓦葺職人・鈑金職人300人以上が集まった
    熟練の屋根職人集団コンプリアールです。

    もちろん、集まった職人たちは、他のどこよりも、技術がある屋根職人です。
    ぜひ、あなたもその一人になってください!

    末永くおつきあいいただける瓦葺職人・鈑金職人の皆様からのご連絡をお待ちしております!

    屋号 雨漏り修理職人救援隊
    運営会社 合同会社コンプリアール
    代表 竹内 康弘
    現在対応可能エリア 全国対応可
    本部 岡山県津山市日本原163

    このページの先頭へ